テレビ・レコーダーの選び方

  • テレビの選び方
  • レコーダーの選び方

テレビの選び方

テレビを選ぶ

サイズや機能をチェックしながら、ご自分の環境に合ったテレビをみつけましょう。

テレビご購入前のチェックポイント

ご購入されるテレビのサイズによってはセッティングが必要になったり、買い替えで不要になった際のリサイクルの方法についてなど、こちらをご確認ください。

有機ELテレビと液晶テレビ

有機ELテレビ

赤、青、緑がそれぞれ単体で発光することで画面に色を投影させています。1画素ごとに明るさを調整できるので、完全な黒を表現できます。

視野角が広いため、どの角度から見ても色合いがほぼ変わることなく視聴いただけます。各メーカー独自のAI技術により、動きの速いスポーツは残像を制御したり、ライブなどの鮮やかな色彩はコントラストを調整したりと、まるで会場にいるような臨場感のある映像が楽しめます。有機ELテレビは大型のサイズが多く設置する場所を確保する必要がありますが、本体が薄く軽いため、壁掛けで使用することにより省スペースでお楽しみいただくことも可能です。よりリアルな映像を高画質楽しみたい人には、有機ELテレビがおすすめです。

液晶テレビ

「バックライト」から光を出し、「液晶」で明るさを調整。光が「カラーフィルター(赤・青・緑)」を通ることで映像が表示されます。

テレビのLEDバックライトパネルには2種類あります。

「全面直下型LED」
LEDライトを均一に配置させてる為色ムラが少なく、コントラスト比も高いためメリハリのある映像を再現します。LEDライトが多いため消費電力が高くなってしまいますが、広い部屋やリビングにおすすめです。

「エッジ型LED」
上下または左右にLED配置されているため消費電力が少なく比較的低価格で購入できます。LEDライトが少ない為明るさにムラができる場合がありますが、はじめてのテレビや寝室用、セカンドテレビとしてもおすすめです。

お部屋や用途で選ぶ

子供部屋や寝室の場合

動画やゲームなどを大画面で楽しめる30~39V型のテレビがおすすめです。また、小さめのお部屋や家具が多めのお部屋には29V型以下のテレビが場所をとらずおすすめです。

1Rや1Kなどの一人暮らしの場合

映画やライブなどの映像コンテンツを楽しむために、49~55V型のテレビがおすすめです。テレビまでの距離をあまりとれない形状のお部屋では、48V型以下のテレビを選ぶと良いでしょう。

リビングの場合

ご家族やお友達等と広いお部屋で視聴いただくために、60V型以上の大型テレビをおすすめします。動画コンテンツだけでなく、複数人でプレイするゲームなども、余裕のあるスペースと迫力のある大画面で思い切り楽しむことができます。

視聴距離で選ぶ場合

4Kテレビなら「画面の高さの約1.5倍」、フルHDテレビなら「画面の高さの約3倍」が目安です。

サイズ 部屋の広さ 視聴距離

4Kテレビ

フルHDテレビ

70V型

12畳以上

約1.3m

約2.6m

60V型

10~12畳以上

約1.1m

約2.26m

55V型

8~10畳

約1m

約2.0m

49V型

6~8畳

約0.9m

約1.8m

43V型

4.5~6畳

約0.8m

約1.6m

32V型

4.5畳

約1.2m

ポイント
視聴距離は近くで見ても映像の粗さが目立たず綺麗に見れる単位となります。視聴距離は個人差や環境によって異なります。

4K・8Kとは

4K対応テレビは、パネルの画素数がフルハイビジョンの4倍、8K対応テレビは、パネルの画素数が4Kの4倍ある高画質化を追求したテレビです。横水平画素が約4000ピクセルで、1000は1K (キロ)という単位で表されるため、4K対応テレビと呼ばれています。高精細かつ高品位な画質を実現し、フルハイビジョンでは表現しきれなかった細部まで再現できるため、きれいな映像が楽しめます。画素数が多い順に紹介していくと、「8K」>「4K」>「フルハイビジョン」>「ハイビジョン」の順になります。

フルハイビジョン液晶パネル
1920X1080ピクセル 約207万画素

4K液晶パネル
3840X2160ピクセル 約829万画素

4K8K放送を視聴するには?

専用のチューナーやアンテナが必要となります。最新のテレビやレコーダーには専用チューナーが内蔵されている製品が増えてきてますので以下のアイコンを目安にお選びください。

※2022年11月時点、地上デジタル放送では4K8K放送はありません

BS・CSアンテナ工事(ベランダ取付)取付工事をご注文時に有料にて承っております

スマートテレビとは

インターネットにつなぐことができるテレビです。YouTube・Netflix・hulu・Amazon Prime Video・TVerなどの動画配信サービスを大画面で視聴でき、インターネットやSNSなども楽しむことができます。

ポイント
スマートフォン連携やアプリ追加機能などメーカーによってできることが異なるため、ご購入の際はよく利用している機能が対応しているかどうか確認しておきましょう。また、ブルーレイレコーダーやAmazon Fire TVなどのストリーミングデバイスや、PlayStation5、Nintendo Switchなどのゲーム機でも使用する機会も増えているため、HDMI端子の数もチェックすると配線の際に困りません。HDMI端子の数は、メーカーページやコジマネットの商品スペックを参考にしてみてください。

メーカーの最新機種で選ぶ

ソニー 東芝 パナソニック
ソニー最新テレビはこちら 東芝最新テレビはこちら パナソニック最新テレビはこちら
シャープ ハイセンス LG
シャープ最新テレビはこちら ハイセンス最新テレビはこちら LG最新テレビはこちら

テレビ用アクセサリ

テレビ台

テレビを快適に鑑賞する環境をつくることはもちろん、テレビ台に固定することにより地震などの転倒や破損から守ってくれます。テレビの横幅より10㎝以上大きいテレビ台がおすすめです。レコーダーなどを一緒に設置でるタイプや、シンプルなタイプ/たっぷり収納できるタイプなど、用途によって選びましょう。

テレビ台

壁寄せスタンド

主に大型・薄型のテレビを設置して使用します。部屋を広くすっきり使うことができるうえ、気になるテレビ周りの掃除がしやすくおすすめです。

壁寄せスタンド

アンテナケーブル

アンテナケーブルには、主にL型プラグ・S型(ストレート型)プラグ・F型(ねじ込み式)の3種類があり、他に、L型プラグ+F型(ねじ込み式)等、先端が異なるケーブルもございます。ご自宅の状況に合わせてお選びください。

・L型プラグ
L字に曲がったタイプのケーブル。
でっぱりを抑えられるので省スペースで接続したい場合におすすめです。

・S型(ストレート型)プラグ
一般的なストレートタイプのケーブル。
抜き差しがしやすく汎用性が高いので、使い勝手の良いケーブルです。

・F型(ねじ込み式)プラグ
ネジ固定式ケーブル。
しっかり接続でき誤って引っ張ってしまっても抜けづらくなっています。

HDMIケーブル

映像・音声・制御信号を1本にまとめて送ることができるケーブルのことです。HDMIケーブルには、主にタイプA(通常サイズ)・タイプC(ミニサイズ)・タイプD(超ミニサイズ)の3種類あり、テレビやレコーダー・ゲーム機などにはタイプA(通常サイズ)が多く使われております。4K対応のHDMIケーブルもおすすめです。

HDMIケーブルはこちら

セッティング(設置)商品

コジマネットでは、標準セッティング(設置)をご注文時に承っております。また、セッティングする際に追加料金がかかる事例の説明などもありますので安心です。

<標準セッティング(設置)の内容>

1. コジマ指定配送エリア内での配送
2. 2階までの外階段による階段上げ作業
3. 弊社でお買い上げ商品の設置

上記標準セッティング以外の作業は有料となります。詳しくは、セッティング商品についてをご確認ください。

セッティング(設置)商品について

こちらから配送サービス提供エリアを調べることができます。

配送サービス提供エリア

廃家電のリサイクルについて

セッティング(設置)と同時に不要になったテレビのリサイクル回収(有料)をご注文時に承っております。

メーカーやサイズのよって金額が異なります。事前にご確認ください。

リサイクル料金一覧

レコーダーの選び方

テレビ番組を録画する為に使用する「ブルーレイレコーダー」。様々な新しい機能が追加され便利になってきています。内蔵しているHDD(ハードディスク)に高画質録画をしたり、高画質のブルーレイディスクを再生、またHDDのデータをブルーレイディスクに高画質録画する事もできます。自分にピッタリの「ブルーレイレコーダー」を探してみませんか?基本的な機能と便利な機能を紹介しますのでご参考にしてみてください!

HDD(ハードディスク)とは?

ブルーレイレコーダーに内蔵したHDDにテレビ番組を録画する事が出来ます。HDDには録画容量があります。標準画質でどれくらいの時間録画できるのか参考にしてみてください。

※以下の参考時間は地上波デジタル放送の録画時間目安です。また、メーカーにより多少の誤差はございます。

<ブルーレイレコーダーの容量と録画目安>

HDD容量 録画時間の目安
500GB 63時間
1TB(1000GB) 127時間
2TB(2000GB) 254時間
4TB(4000GB) 508時間
6TB(6000GB) 762時間

これ以上の時間録画出来るモデルもあります。長時間モードや高画質モードでも録画可能となり録画時間が増減されますが好みの画質で録画する事も可能です。こんなに録画しないから・・・と思って録画時間の少ないモデルを購入すると録画時間が足りず後で後悔する事も・・・。

また、録画容量が足りなくなった際に外付けで増設出来る別売りのHDDも有ります。

○番組同時録画 全自動録画とは?

ブルーレイレコーダーには同時刻に複数の番組を録画出来る機能や、番組全チャンネルを録画出来る機能のついたモデルもあります。同時録画機能は1~3番組を同時刻に録画出来るモデルがあります。注意点としては衛生放送(BS)を含めた同時刻の録画の場合、録画チャンネルが制限される事が有りますので注意が必要です。この機能を重視する場合は自分が思っているよりも余裕を持った大容量のHDDが内蔵しているモデルを選ぶのが後で後悔がなくおススメです。

『4K衛星放送対応」とは?

衛星放送(BS)に通常より高画質な4K放送が有ります。高画質の放送を高画質のまま記録するには「4K衛星放送対応」モデルを選びましょう。また、4Kの画質で録画する場合、高画質でデータの情報量が多くなるため録画時間の目安が通常より少なくなりますので注意が必要です。

再生・録画出来るディスクの種類

商品名にもあるブルーレイ、DVD、また対応機種限定にはなりますがブルーレイより高画質なUltra HD ブルーレイが再生出来ます。Ultra HD ブルーレイも最近は色々な映画のタイトルで増えてきていますのでより高画質に映像を楽しむ方には対応したモデルがおススメです。

また、録画用のブルーレイディスクには種類が有ります。ブルーレイディスクは、DVDと同じディスクサイズでありながら、大容量を実現した光ディスクです。ハイビジョン映像の膨大な情報量を損なうことなく美しい画質で記録し、再生することができます。さらに大容量の録画が可能なので、1枚のディスクでたっぷり録画することができます。

<ブルーレイディスク 片面2層の場合>

片面2層の場合は、1枚で50GB、DVD約10枚分のデータを保存できます。ハイビジョン映像を長時間保存する場合に便利です。

<録画用ブルーレイディスクの種類>

BDの種類
BD-R 1層または2層の追記型のブルーレイディスクです。一度だけ書き込むことができますが、書き換えや消去はできません。空き容量が残っていれば、後からデータを追記することができます。
BD-R BDXL 3層または4層構造の追記型のブルーレイディスクです。一度だけ書き込むことができますが、書き換えや消去はできません。空き容量が残っていれば、後からデータを追記することができます。
BDの種類
BD-RE 1層または2層の書き換え型のブルーレイディスクです。自由にデータの読み出し、書き込み、書き換えができます。
BD-RE BDXL 3層構造の書き換え型のブルーレイディスクです。自由にデータの読み出し、書き込み、書き換えができます。

メーカー別の特徴

※全ての機種に搭載されている機能ではない場合がございます。商品詳細画面にて好みの機能が搭載されているかご確認ください。

<Panasonic>

❚ どこでもディーガ

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)をインストールすれば、ブルーレイレコーダーのある日常がガラッと変わります。録画した番組をスマホで視聴したり、帰宅中にスマホでリアルタイム視聴したり、テレビのない部屋でも屋外でも、場所にとらわれることなく、いつでもスマホひとつで楽しめます。

❚ 快適番組表

快適番組表

番組表のスクロール速度をメーカー従来比約2倍*に高速化した「快速番組表」を搭載。より快適に番組を探せるようになりました。また、番組表の表示エリアも拡大し見やすさを向上。さらに、1時間の枠内の表示番組数を従来の2番組から最大4番組に拡張することで、従来では隠れていた短時間の番組も表示されるようになり、より番組が探しやすくなりました。また、表示するチャンネル数や文字サイズ、番組内容の表示/非表示の切り替えなど、使う環境に応じて細やかに調整できます。

❚ 予約いらずで自動録画、約90日間お録りおき

自動録画機能

録画予約しなくても、指定した時間帯※1のドラマ・アニメをすべて自動で録画します。新作ドラマの初回放送の見逃しを防ぐだけでなく、あとから話題になった番組もかんたんに探して見られます。連続ドラマはもちろん、スペシャルドラマにも対応。録画された番組は約90日間※2お録りおきできるので、休日にまとめて見たり、1クールの放送が終わってからイッキ見したりと時間を気にせず楽しめます。

  • ※1 ジャンルはドラマ/アニメから選択。時間帯は朝/午後/ゴールデンタイム/深夜から選択できます。
  • ※2 19時~22時台に放送開始する地上デジタル放送のドラマを設定した場合。お録りおき日数は、1日あたり3時間分の番組を録画した時の日数です。お録りおき録画の設定が必要です。搭載チューナー数を超える同時録画はできません。

<SONY>

❚ スマホやパソコンで録る・見る

スマホやパソコンで録る・見る

ソニー製アプリ「Video&TV SideView」(ビデオ&テレビサイドビュー)レコーダー連携機能が完全無料化!(*)「Video & TV SideView」アプリひとつで快適操作

  • (1)放送中の番組や録画した番組を好きな場所で見る
  • (2)録画した番組を転送して持ち出して見る
  • (3)外出先から録画予約する

従来有料だった「放送中の番組や録画した番組を見る」、「録画した番組を転送して持ち出して見る」機能が無料でご利用いただけます(*)

* アプリをアップデートすることで無料で利用できます。最新のバージョンにアップデートいただくか、最新版をダウンロードください。詳しくは Video&TV SideViewページをご確認ください

❚ おまかせまる録

おまかせまる録

好きなタレントの出演番組を自動で探して録画。「好きなタレントが出演している番組を、どんどん録画したい・・・」それなら「おまかせ・まる録」。タレント名やキーワード、ジャンルを登録しておけば、番組を自動で検索し録画(*)してくれます。

* 番組表データが正しく受信されないと機能しません。また、候補が複数重なった場合、すべての番組が録画されるわけではありません。また、学習効果によって録画される番組や番組数は変わります。同じ機種を使用した場合も、使用状況によって学習効果は変わります。1日最大で20件まで自動録画します。

❚ 「番組表」

録りたい番組が、すぐに見つかる「番組表」

録画予約しなくても、指定した時間帯※1のドラマ・アニメをすべて自動で録画します。新作ドラマの初回放送の見逃しを防ぐだけでなく、あとから話題になった番組もかんたんに探して見られます。連続ドラマはもちろん、スペシャルドラマにも対応。録画された番組は約90日間※2お録りおきできるので、休日にまとめて見たり、1クールの放送が終わってからイッキ見したりと時間を気にせず楽しめます。

  • ※1 ジャンルはドラマ/アニメから選択。時間帯は朝/午後/ゴールデンタイム/深夜から選択できます。
  • ※2 19時~22時台に放送開始する地上デジタル放送のドラマを設定した場合。お録りおき日数は、1日あたり3時間分の番組を録画した時の日数です。お録りおき録画の設定が必要です。搭載チューナー数を超える同時録画はできません。

<東芝>

❚ スマホ持ち出し

スマホ持ち出し

事前にスマートフォンに持ち出しすることで、録画した番組を外出先でも時短で視聴可能。ネットにつなぐ必要がないので、通信環境が不安定な場所でも楽しめます。さらに過去番組表から持ち出すこともでき、スマートフォンによる視聴がますます快適になりました。

❚ スマホの番組表から録画予約

スマホの番組表から録画予約できる

スマートフォンに表示される番組表や、録画予約の人気ランキングから気になる番組をチェックして予約可能。テレビで録画番組を再生中にわざわざ停止して画面をさえぎらずに録画予約でき、自分で番組表から探さなくても注目度の高い話題の番組を見逃さずに楽しめます。

❚ タイムシフトマシン※対象機種あり

「タイムシフトマシン」は、設定したチャンネルの番組をハードディスクに一時保管する機能です。一度設定しておけば、設定したチャンネルをまるごと録画し続けるので、面倒な録画予約もなく、録り逃しの心配もありません。地デジはもちろん、BSや110度CSデジタル放送もまるごと録画にも対応しています。

  • *1) チューナー【1~3】DR放送画質(地デジ)3チャンネル、チューナー【4~6】AVC最低画質3チャンネルでタイムシフト録画用領域に内蔵ハードディスクの87.5%を使用しタイムシフト録画した場合。
    実際に1日にタイムシフトマシン録画の録画動作可能な最大24時間(10分間のシステムメンテナンス時間含む)で割って日数単位で表した目安です。
    実際に過去番組表で表示される最大日数は異なる場合があります。
  • *2) 地デジ放送なら6チャンネルすべてに、BS/110度CS放送の有料チャンネルについては、最大3チャンネルに設定することができます。

<SONY>

❚ ドラ丸

ドラ丸

新作連続ドラマを4週間分※、自動でお録りおき。リモコンの「ドラ丸」ボタンを押せば、開始前のドラマや録画しているドラマなどが一覧表示。

※ 4週間経過すると、古い番組から1タイトルずつ自動消去され、次回の新しいタイトルを録画します。また、4週間まったく視聴しなかったドラマはすべて自動消去され、以降録画されません。(ドラ丸リストから削除されます)。ドラ丸録画は地上デジタル放送/BSデジタル放送の番組表に表示される連続ドラマが対象です。ドラマの中でも2時間スペシャルなどの単独放送は対象外となります。番組表が受信できないと正しく動作しません。ドラ丸の録画先は内蔵HDDのみです。

❚ おまかせ録画

おまかせ録画

人名やジャンルなど、お好みのワードに関連する番組を手間なく自動録画※。リモコンの「おまかせ」ボタンを押せば、設定ワードごとにリスト表示。

※ 録画対象となった番組の放送時間が重なった場合、優先度の高い番組を録画します。また、通常の予約やドラ丸の録画と重なった場合は通常予約やドラ丸が優先となります。(ドラ丸で録画された番組はおまかせ録画のリストには表示されません。)

❚ 再生ブラインド操作

再生ブラインド操作

いろいろな操作が、十字・決定ボタンだけで可能。一時停止や早送り、早戻しなどが、手元のリモコンを見ずにテレビ画面を見たまま快適に操作できます。

テレビとの接続方法

テレビとの絶族には主にHDMIケーブルと言うケーブルを使用します。ブルーレイレコーダーにはHDMIケーブルは同梱しておりません。用意が無い場合は同時に購入しましょう。アンテナとの接続にはアンテナケーブルを使用します。地上波とBSを受信出来、アンテナが混合で壁に来ている場合は分波器が必要になります。※場合によって、地上波とBSが元々2つに分かれて壁までアンテナが来ている場合は分波器は不要です。以下の画像は接続例になりますので参考にしてみてください。

壁からテレビまでの距離や、テレビからブルーレイレコーダーまでの接続の距離を確認しながら必要な長さを選びましょう。