除湿機・加湿器の選び方

除湿機の選び方

ジメジメした梅雨時はもちろん、冬の結露やカビ対策にも役立つ除湿機。 部屋の除湿だけではなく、浴室のカビ対策や、部屋干しの衣類乾燥など、1年通して様々な場所で利用することができます。除湿機で快適空間を手に入れましょう!

自分のご利用用途に合ったピッタリの1台を選びましょう。

ポイント①除湿機の種類で選ぶ

除湿機は、除湿方式よって大きく3つのタイプに分けられます。各タイプの特徴を確認してご自分に合った除湿機をお選びください。

コンプレッサー式除湿機

<梅雨~夏の湿気の多い時期におすすめ!>

空気を冷やすことにより水分を取り除くタイプの除湿機です。 室温25℃以上で除湿能力が高くなるため、除湿の多い梅雨~夏の間に使用する方に向いています。 除湿能力が高いので、リビングなど広い部屋での使用におすすめです。
※コンプレッサーを駆動させるための発熱により温度が1~2℃程度上昇します。

●長所

  • 部屋の温度上昇が少ない。
  • 除湿量が多いので梅雨~夏場の湿気の多い季節に活躍!
  • 消費電力が少ない。

●短所

  • 本体が大きめでやや重い。

デシカント式(ゼオライト式)除湿機

<ヒーターを搭載しているので、冬場におすすめ!>

水分の吸水性能に優れた乾燥剤(ゼオライトなど)を使って湿気を取り、乾いた空気を送風するタイプの除湿機です。
低温時の除湿能力が高く、ヒーターを搭載しているので冬場の利用に向いています。コンプレッサーがないためサイズもコンパクトなものが多く、運転時の音も静かなため、寝室での使用にも向いています。

●長所

  • ヒーターが搭載されているので、冬場に向いている。
  • 軽量・コンパクトで動作音も静か。

●短所

  • 温風により部屋の温度が上がる

ハイブリッド式除湿機

<1年を通して使用したい方におすすめ!>

コンプレッサー式とデシカント式を融合させたタイプの除湿機です。 季節や部屋の状況に応じて、それぞれの除湿方式を切り替えることができるので、1年を通して除湿能力を維持することができます。 季節に関係なく、部屋干しの多い方におすすめです。

●長所

  • 一年中効率的に除湿できる。
  • 状況に応じて除湿方式を切り換えられる。

●短所

  • 本体が大きめでやや重い。

ポイント②除湿能力で選ぶ

除湿能力とは1日に除湿できる水分量(リットル)を表しています。この数値が大きいほど除湿能力が高く、より早く除湿できます。短時間で除湿したいという方は、実際に使用する部屋よりも大きめの部屋に対応する除湿機がおすすめです。
また、除湿能力と同時にチェックしてほしいのが「排水タンク容量」です。この容量が小さいと、何度もタンクの水を捨てなければいけません。除湿能力と排水タンク容量のバランスいい除湿機を選びましょう。(2~6リットルが主流です。)

<除湿能力の目安>

使用する部屋の大きさ 適用床面積の目安一日あたりの除湿能力の目安/th>
子ども部屋や書斎などの個室部屋におすすめ
(和室7畳、洋室14畳)

6L/h

リビングや居間におすすめ
(和室10畳、洋室20畳)

8L/h

広々としたリビングにおすすめ
(和室13畳、洋室25畳)

10L/h

オフィスなど大きな部屋におすすめ
(和室20畳、洋室40畳)

16L/h

ポイント③除湿機の便利機能で選ぶ

最近では便利な機能が付いた除湿機があります。ご自分の用途に合わせた機能の除湿機をお選びください。

湿度センサーでお部屋の湿度を感知して、一定の湿度に保つ運転ができる機能です。カビ抑制などに便利です。 排水タンクの水漏れを防ぐために、タンクが満水になると自動的に運転を停止する、自動ストップ機能が搭載されているものもあります。

雨の多い時期は洗濯物の部屋干しをすることも多くなります。衣類乾燥機能付きなら、洗濯物の量や干している場所に合わせて効率よく乾かすことが出来ます。

ポイント④メーカーで選ぶ

Panasonic シャープ 三菱
パナソニックの商品から選ぶ シャープの商品から選ぶ 三菱の商品から選ぶ
コロナ
コロナの商品から選ぶ

加湿器の選び方

のどや肌を乾燥から守り、ウイルスやカビ、ダニの活動を抑えるには室温21~23℃、湿度40~60%が望ましいと言われています。
乾燥やウイルス対策に役立つのが加湿器です。自分にピッタリの加湿器を選んで、快適な屋内生活を送りましょう

加湿器の効果

  • のどや肌の乾燥を防ぐ
  • ウイルスの繁殖を防ぐ
  • 花粉やほこりの飛散を防ぐ

自分のご利用用途に合ったピッタリの1台を選びましょう。

ポイント①加湿器の種類で選ぶ

加湿器は、加湿方式よって大きく4つのタイプに分けられます。各タイプの特徴を確認して自分の用途に合った加湿器をお選びください。

スチーム式加湿器

<短時間で加湿したい方におすすめ!>

水をヒーターで沸騰させて蒸気を送り出すタイプの加湿器です。
蒸気が勢いよく出るので、即効性があります。すぐに加湿したい時や、家にいる時間が短い方におすすめです。

●おすすめポイント

  • 加湿能力が高く、即効性がある。
  • 水が加熱されるので衛生的。
  • ファンを使わないので、運転音が小さい。

気化式加湿器

<長時間使用したい方におすすめ!>

水を含ませたフィルターに風を送り、気化させるタイプの加湿器です。
送風のみの運転なので消費電力が少なく、長時間使う方におすすめです。

●おすすめポイント

  • 消費電力が少ない。
  • ヒーターを使用していないので、吹き出し口が熱くならない。

ハイブリッド式加湿器

<短時間の加湿が可能で、消費電力も抑えたい方におすすめ!>

気化式をベースとして、湿度が低い時は温風で加湿、湿度が安定したら送風で一定の加湿を保つタイプの加湿器です。
機能とコストのバランスがよいので、消費電力を抑えて、加湿の速さも必要という方におすすめです。

●おすすめポイント

  • 湿度を一定に保つことができる。
  • 吹き出し口が熱くならない。
  • 運転音が小さい。

超音波式式加湿器

<デザインにこだわる方におすすめ!>

水を超音波の振動で霧状にして、それをファンで送り出すタイプの加湿器です。
デザインが豊富なのでインテリアやデザインにこだわる方におすすめです。

●おすすめポイント

  • デザインが豊富。
  • 消費電力が少ない。

ポイント②加湿量と水タンク容量で選ぶ

<加湿量と水タンク容量をチェック!>

加湿量が大きいと加湿能力が高くなります。
加湿量は1時間あたり何リットルの水蒸気を出すかを「ml/h」で表します。たとえば「500ml/h」の加湿量であれば、1時間に500mlの水蒸気を空気中に放出することができます。
また、加湿量が高いのに水タンクが小さいと、頻繁に水を補給しなくてはならなくなってしまいます。水タンク容量も合わせてチェックしましょう。

コジマネットでは、商品詳細ページに加湿量、水タンク容量を表示しています。

ポイント③加湿器の便利機能で選ぶ

最近では便利な機能が付いた加湿器があります。ご自分の用途に合わせた機能の加湿器をお選びください。

「プラズマクラスター」や「ナノイー」など、イオン発生機能を搭載したタイプを選べば、空気中に浮遊する菌やウィルスの作用を抑制します。

最適な湿度を保つ「自動モード」、のどやお肌の乾燥に合わせた湿度をキープする「うるおい」モードなど、メーカーによって便利な運転モードがあります。 目的に応じて必要な機能を確認しておきましょう。

好みのアロマがセットでき、加湿の蒸気と一緒に香りが部屋に広がる機能です。女性に人気です。

ポイント④メーカーで選ぶ

ダイニチ シャープ Panasonic
ダイニチの商品から選ぶ シャープの商品から選ぶ パナソニックの商品から選ぶ
山善 アイリスオーヤマ
山善の商品から選ぶ アイリスオーヤマの商品から選ぶ