冷蔵庫の選び方

冷蔵庫は、家庭には欠かせない家電の一つです。しかし、大きな容量になると値段も高価になり、選ぶ時も慎重になりますよね?こちらの【冷蔵庫の選び方】では、冷蔵庫を選ぶポイントをわかりやすくご紹介します。引っ越しなどで新しく冷蔵庫をご購入をされるお客様も、壊れてしまい買い替えをご検討されているお客様も、【冷蔵庫の選び方】でぜひ最適な1台をお探しください。

家電販売員からの解説

冷蔵庫を探しているけれども種類が多くて迷っちゃう・・・どうやって選べばいいかしら?

いらっしゃいませ。買い替えですか?ご新規でしょうか?ご家族は何人でしょうか?

それに合わせて詳しくご案内しましょう。

買い替え(3~4人家族場合)

容量を増やしたい・減らしたい

レイアウトや機能にこだわりたい

YES

NO

YES

容量減

容量増

レイアウト重視 機能重視

家族の人数に合わせて、再度冷蔵庫の目安容量をチェックし、最適な一台を選びましょう。 設置場所に余裕がある 今までの機能やサイズを参考にしながら、省エネ性が高いものを選びましょう。 "真ん中野菜室"、"真ん中冷凍室"、自由に切り替えるぴったりセレクトなど、生活スタイルに合わせて使いやすいものを選びましょう。 "大容量冷凍室"、"新鮮スリ-プ野菜室"などメーカーごとに様々な機能が付いています。使いやすさを重視し、お気に入りの1台を見つけてください。

YES

NO

開閉が最小限になり節電もできるフレンチドアタイプの大容量冷蔵庫がおすすめです。 "幅60cm容量500L超"など、幅がスリムで容量が大きい冷蔵庫があります。幅と容量をこちらからチェックしましょう。
庫内容量で選ぶ ドアの開き方で選ぶ 幅で選ぶ 省エネ性能で選ぶ レイアウトで選ぶ メーカー機能で選ぶ

新規(1~2人家族の場合)

頻繁に自炊をする

YES

NO

レンジを置きたい レンジを置きたい

YES NO YES NO

耐熱トップテーブル付きで、独立野菜室がある、3ドア冷蔵庫(200L~299L)がおすすめです。 置く場所に余裕がある 耐熱トップテーブル付きで2ドアの冷蔵庫がおすすめです。 飲み物等を冷やす目的でのみ使用の場合、1~2ドアの200L未満のもあります。

YES

NO

買い置き、作り置き等の用途を考え、300L~399Lの冷蔵庫がおすすめです。 独立野菜室があり、幅60cm未満の3ドア冷蔵庫がおすすめです。
該当商品はこちらへ 該当商品はこちらへ 該当商品はこちらへ 該当商品は
こちらへ
1ドア(~99L)冷蔵庫
2ドア(~199L)

冷蔵庫を選ぶポイント

庫内容量で選ぶ

庫内の必要な容量(サイズ)の目安は、一般的に「70L×家族の人数+常備品分100L+予備70L」という計算式で求めます。お買い物の頻度や生活スタイルによってまとめ買いや作り置きをする方には、上記目安よりプラス30L~50Lがおすすめです。また、冷蔵庫の寿命は平均10年程度と長いため、長期の使用をお考えの場合、家族構成の変化や住環境なども考慮し検討しましょう。

1人暮らし

1人×70L+100L常備用(+70L予備)
170L(240L)

一人暮らしで飲み物等を冷やす目的のために使用したい方には1ドア~99Lがおすすめです。たまの自炊でも、食材や調味料等を常に用意する必要な為、100L~199Lの2ドアがおすすめです。毎日自炊の方には、食材のまとめ買いがあるので、200L以上があると安心です。

2人暮らし

2人×70L+100L常備用(+70L予備)
310L

2人暮らしのご家族や外食が多い方には小さめタイプの200L~299L冷蔵庫がおすすめです。今後家族が増える予定のご家庭には、300L~399Lの冷蔵庫など、少し大きめなものがおすすめです。

3~4人家族

3人/4人×70L+100L常備用(+70L予備)
380L/450L

お子様がいるご家庭には、お子様の成長に合わせて、野菜室や冷凍室が大き目なものを選ぶとよいでしょう。夫婦共働きの場合、週末のまとめ買いやおかずの作り置きにも、大きな容量を選ぶと安心です。

複数世帯

6人×70L+100L常備用(+70L予備)
590L

料理する機会が多い複数世帯は500L以上の冷蔵庫がおすすめです。庫内が広々としている冷蔵庫ならば詰め込みすぎも抑止でき、物を取り出す際に手間取ったりせず節電効果も期待できます。置くスペースに余裕があれば、機能が充実でゆったりな600L~を検討しましょう。

メーカー機能で選ぶ(おすすめポイント・機能の特徴)

メーカーごとの独自機能で使い勝手がさらにUP。ご家族のニーズにあったものを選びましましょう。各種機能の有無は機種によって異なります。よくお確かめになってからご検討ください。

項目/メーカー パナソニック
(Panasonic)
日立
(HITACHI)
三菱電機
(MITSUBISHI)
シャープ
(SHARP)
東芝
(TOSHIBA)
冷蔵室

省スペース大容量

スポット冷蔵

置ける!スマート大容量

ステンレス・ミスト冷蔵室

潤い冷蔵室

チルド室
パーシャル室

微凍結パーシャル

真空チルド

氷点下ストッカーD

プラズマクラスター潤いチルド

氷結晶チルド

冷凍室

クーリングアシスト

デリシャス冷凍

切れちゃう瞬冷凍

大容量冷凍室メガフリーザー

切り替え冷凍室

野菜室

Wシャキシャキ野菜室

新鮮スリープ野菜室

クリーン朝どれ野菜室

プラズマクラスター雪下シャキット野菜室

もっと潤う摘みたて野菜室

その他特徴1

ワンダフルオープン

ぴったりセレクト

しっかり冷凍室

COCORO KITCHEN

タッチオープン

その他特徴2

ナノイーX

特選氷温ルーム

まるごとクリーン清氷

どっちもドア

新鮮ツイン冷却システム

その他特徴3

ECONAVI

コネクテッド家電

省エネ・節電部屋別おまかせエコ

節電25モード

IoLIFE

メーカーページ

ドアの開く方向で選ぶ

キッチンのスペースや家事動線にあわせて、冷蔵庫ドアの開閉方向を決めるのが重要です。開閉方向に迷っている方は冷気が逃げにくく、省スペースで使えるフレンチドアタイプがおすすめです。引っ越しが多い場合は、シャープ独自の『どっちもドア』もあります。

右開き

右開きとは片開きで右側に開くタイプ。冷蔵庫の設置スペースの右側に壁がある場合おすすめです。

左開き

左開きとは片開きで左側に開くタイプ。冷蔵庫の設置スペースの左側に壁がある場合おすすめです。

フレンチドア

フレンチドアとは中央から左右に分かれて開くタイプ。観音開きとも呼ばれます。キッチンや通路の狭い場合はドア幅の狭いフレンチドアがおすすめです。

どっちもドア

1枚のドアが左右にどちらにも開くタイプ。設置場所を選べない、引っ越しが多い家庭にも安心です。現在シャープ社のみでの機能です。

レイアウトで選ぶ

冷蔵庫はほとんどの場合、一番上が冷蔵室で、野菜室や冷凍室の位置はメーカーやシリーズによって異なります。野菜をよく使うご家庭にはかがまずに出し入れ出来る『野菜室が真ん中』タイプが、野菜よりも冷凍食品の出し入れが多いご家庭には『冷凍室が真ん中』タイプがおすすめです。高さがあると上のものが取り出しにくい、と言う方には高さ控えめの冷蔵庫もおすすめです。

真ん中野菜室

冷凍食品よりも野菜の出し入れが多いお客様にオススメです。

真ん中冷凍室

野菜より冷凍食品のまとめ買いが多いお客様にオススメです。

ママにやさしい高さ控えめ

高さ170cm以下ロータイプ冷蔵庫。女性平均身長に近い高さで上の棚に手が届きやすく、出し入れやすいのが特徴です。

幅で選ぶ

冷蔵庫ご購入の際に特に重要なのが設置場所の幅です。うちは置くスペースが狭いから・・・と、大容量の冷蔵庫をあきらめてはいませんか?最新製品では、冷却ユニットの小型化や、断熱構造の改善などにより大容量を実現し、せまい場所や昔使っていた同じサイズのものでも、大容量の冷蔵庫が選べるようになりました。限られたスペースに大容量がほしいお客様には、幅スリムで大容量の冷蔵庫をおすすめします!

700mm〜 685mm 650mm 600mm ~599mm
容量

> 400L〜499L

> 600L〜

> 400L〜499L

> 500L〜599L

> 600L〜

> 400L〜499L

> 500L〜599L

> 200L〜299L

> 300L〜399L

> 400L〜499L

> 501L

> ~99L

> 100L~199L

> 200L~299L

> 300L~399L

一押し商品 電動引き出し
大容量
幅685mmで
600L超
幅600mmで
500L超
働く女性に
おススメ
販売員からの
おすすめ
ポイント
下段の冷凍室と野菜室は電動で開けられ、庫内の設定はドアを開けずに設定できます。また、スマホ専用のアプリで、外出先からも運転状況の確認ができ便利です。 幅685mmで業界最大容量602Lの冷蔵庫です。冷蔵室全体がチルド室として使える『まるごとチルド』を搭載。水分をたっぷり含んだうるおい冷気で冷蔵室内の湿度低下を抑制し、食品の乾燥を抑えます。野菜室は、水分を閉じ込め、栄養素の減少を抑え保存することができます。 幅600mmで業界最大の501Lを実現した冷蔵庫です。女性にうれしい野菜室が真ん中タイプです。冷蔵室のドアは、タッチオープンで、スイッチ部をタッチすると冷蔵室の扉が自動で開きます。センサーが一日中見張っててくれるので、いつでも省エネ運転してくれます。 スタイリッシュなデザインでインテリアの一部に。アイスクリームや冷凍食品もたっぷり見やすく収納できる2段式スライドケースの冷凍室。休日の作り置き、まとめ買いにも安心、ちょっと大き目282Lタイプ。

省エネ性能で選ぶ

1日24時間休みなく働く冷蔵庫。年間の電気代を少しでも安く抑えたい・・・、とお考えでしたら、消費電力が少なく省エネ性能の高いものを選びましょう。また、冷蔵庫の容量が多くなると電気代がかかりそうなイメージがありますが、実際は5ドア、6ドアのほうが、省エネ性能が高くなっております。

<省エネルギーラベル>

★が多いもの=省エネ性能が高い

冷蔵庫には省エネ性能が高い順に★5つから1つまで付与されていて、★が多いほど年間電気代が安くなります。例えば、600L 6ドア冷蔵庫5つ★の場合、年間約7000円代に抑えられます。設置スペースが確保できるのであればランニングコストのお得な大型冷蔵庫を選びましょう。

<コジマネット省エネ性能表示>

省エネ性能(★~★★★★★):★★★★★

コジマネットでは、冷蔵庫の商品ページに省エネ性能の多段階評価、省エネ達成率、年間消費電力量、年間電気代の目安をそれぞれ表示しています。商品詳細ページを下部をご参考ください。

搬入・設置場所チェック

冷蔵庫の寸法はもちろん、冷蔵庫の放熱を考え、本体の上面・側面のスペースの確保や設置スペースのチェックも必要です。また、安全に本体を運ぶために、搬入経路や玄関、エレベーター、階段などの搬入口の寸法を事前に確認しておきましょう。

搬入経路のチェック

冷蔵庫は毎日使うものだから自分のご家庭にあったものが一番。購入前のポイント、まずは「搬入経路」からチェックしましょう!

  • 螺旋階段の場合、搬入できない場合があります。
  • 別途追加料金がかかります。

搬入可能経路:本体の寸法+10cmの幅が必要です

設置場所のチェック

冷蔵庫からの放熱の為、設置場所には本体の上面・側面のスペースの確保が必要です。放熱スペースが無いと、余計な電力がかかったり、事故・故障の原因にもなるので、注意しましょう。

<設置場所のチェック>

  • 冷蔵庫の上面のスペース
  • 冷蔵庫側面のスペース
  • コンセントの有・無

三つのチェックポイントにあわせて設置場所のチェックをしましょう。

<コジマネットの表示>

据付必要寸法

メーカーや商品ごとに据付必要寸法が異なります。コジマネットにて商品詳細下部のスペックに書かれております。本体サイズはもちろん、冷蔵庫を安全に運転させる為にも据付に必要な寸法を必ず守りましょう。