テレビ・レコーダー特集

  • テレビは「新時代」へ
  • レコーダーは「次世代」へ

有機ELテレビ ~液晶から有機ELの「新時代」へ~

バックライトで照らして色を映す液晶に対して画素毎に自発光する有機E Lは「本物の黒」を再現。暗い領域での表現力に優れます。
また黒が締まることで色彩の発色が良くなります。

有機ELテレビの一覧はこちら

4K対応テレビ ~フルHDから4Kの「新時代」へ~

4Kとは画素数がフルHDの4倍ある高画質化を追求した規格です。横水平画素が約4000ピクセルあるため、4Kと呼びます。視聴距離を近くしても高精細で美しい画質を楽しめ、視野角も広くなるので迫力もアップします。

4K対応テレビの一覧はこちら

「視聴距離」の秘密~最適視聴距離はフルHDテレビと4K対応テレビが異なる~

テレビの最適視聴距離は同じ画面サイズでもフルHDテレビと4K対応テレビでは異なります。
フルHDテレビでは画面の高さ×3倍、4K対応テレビでは1.5倍が目安となります。お部屋の広さや形状にあったテレビを選びましょう。

寝室や子供部屋に置くなら
48V型以下がおすすめ

ワンルームやリビングに置くなら
49~59V型以下がおすすめ

広々としたリビングに置くなら
60V型以上がおすすめ

すべてのテレビを見る

チューナー数 ~「新4K衛星放送」を録画可能へ~

チューナーの数が同時に録画できる番組数となります。録りたい番組が重なってもあきらめない!数が多いほど同時録画が可能になります。家族で使うなら3チューナー以上がおすすめ!そして、「新4K衛星放送」も録画したい方には4Kチューナー内蔵の機種をお選びください。

HDD容量 ~豊富なラインナップ、さらに大容量へ~

録画時間はHDDの容量によって変わります。まだ見ていない番組やお気に入りの番組がたくさんあって、容量を気にすることなく録画をしたいなら2TB以上がおすすめです。高画質であれば録画可能な時間は短くなりますので、内容に合わせて録画モードの使い分けをしHDD容量を節約しましょう。

録画時間の目安
HDD容量 BSデジタル放送(HD) 地上デジタル放送(HD放送) BS/110度CS4K放送
500GB 約45時間 約63時間
1TB 約90時間 約127時間 約65時間
2TB 約180時間 約254時間 約130時間
3TB 約270時間 約381時間
4TB 約360時間 約508時間 約262時間
6TB 最大4ch×28日間全自動録画モデル
10TB 最大8ch×28日間全自動録画モデル

※録画時間は、録画モードや録画する映像のデータ量によって変わってきます。
※上記の表は圧縮変換せずに録画した場合の目安です。

スマホ連携 ~録画予約や視聴も、写真や音楽の共有も~

専用のスマホアプリを使ってどこでも録画予約や番組視聴ができる機能を搭載しているので、通勤時間を好きな番組の視聴タイムにすることができます。最新モデルには、ネットワークを取り込むことでスマホで撮った写真や動画を保存・共有できる他、取り込んだCD音源をスマートフォンで持ち出して聴ける機種も出てきています。

スマホ連携レコーダー(視聴・録画)一覧

SeeQ Vault ~買い替えをもっと簡単に~

買い替えの時も心配ご無用。同一メーカーでSeeQVaultに対応したレコーダーと外付HDD同士なら、機種が変わっても再生ができます!

※レコーダー・ハードディスク・新しいレコーダー全てが SeeQVaultに対応している必要があります。

SeeQ Vault対応レコーダー一覧

スカパ-!プレミアムサービスLink ~視聴だけでなく録画にも対応~

スカパー!プレミアムサービスチューナーと「スカパー!プレミアムサービスLink」対応機器をホームネットワーク(LAN)で接続すれば、スカパー!の番組を好きな場所や時間に楽しめますし、機種によっては録画やダビングにも対応しています。映画やスポーツ・アニメ好きな方にはぜひこの機能をチェックしてください。

すべてのレコーダーを見る

「目的」で選ぶ

普段どのような目的で利用しているかも重要な選びのポイントです。映画を大迫力で楽しみたい、テレビの前でお気に入りのチームを応援したいなど、目的にあわせた最適なテレビをご紹介します。

スポーツ観戦を楽しみたい

オートAI画質AI(人工知能)がシーンに合わせて映像を自動で最適化。

  • ▼ おすすめ ▼
  • Panasonic LZ2000シリーズ
  • 本技術により、ビエラがシーンに応じて自動的に最適な画質に調整することを可能にしました。コントラスト豊かに描き、晴天のスポーツのシーンは芝生の色まで明るく色鮮やかに表現します。

スポーツ観戦におすすめのテレビ

スマホdeレグザ専用アプリを使用でスマートフォンで現在放送中の番組を楽しめます。通勤中などに見逃したくないニュース番組をチェックすることもできます。

  • ▼ おすすめ ▼
  • 東芝 DBR-T2010
  • リモコンの「時短」ボタンを押すだけで、3タイプの長さに短縮した再生時間を一覧で表示。見終わる時間がひと目でわかるので、休憩時間や出かける前などの空いた時間に合わせて効率よく見られます。

スポーツ観戦におすすめのレコーダー

映画を大迫力で楽しみたい

Medalist S3新開発・AI高画質プロセッサー搭載の画像処理エンジン

  • ▼ おすすめ ▼
  • SHARP EQ1/EQ2ライン
  • AIが検知する人の顔や空などのオブジェクト情報と、映画やドラマ、スポーツなどの放送ジャンル情報を合わせて、色彩・明暗・精細感を自動調整。より臨場感のある映像を提供します。

映画鑑賞におすすめのテレビ

映画が好きな方には、「Ultra HDブルーレイ」解像度・色域・輝度が、従来のブルーレイを大きく超えたUltra HD ブルーレイ。まるで実物が目の前にあり、実際に風景が広がっているようなリアルな視覚体験

  • ▼ おすすめ ▼
  • SONY BDZ-FBT6100
  • 映像本来の明るさ、コントラスト、鮮やかな色を再現する「HDR(ハイダイナミックレンジ)」信号に対応。広いダイナミックレンジの輝度情報を扱えるようになり、肉眼で見ているかのような奥行き感や立体感のある映像を再生します。

映画鑑賞におすすめのレコーダー

家のなかで自由に楽しみたい

防水仕様でお風呂やキッチン、水場も安心。または、家じゅうどこでも持ち運べるので書斎や寝室など好きな部屋でゆっくりと楽しめます。

  • ▼ おすすめ ▼
  • Panasonic プライベートビエラシリーズ UN-15LD11
  • モニター部は食器用の中性洗剤で洗えます。調理中に汚れがついてしまったり手垢がついてしまっても、かんたんにキレイにできて便利です。

おうち時間おすすめのテレビ

リビングも寝室も、おうちのどこでも録画した番組を自由に楽しめるお部屋ジャンプリンク搭載機種がおすすめです。おうちではなく外出先でも録画番組を楽しみたい場合、スマホ連携機能のモデルがおすすめです。

  • ▼ おすすめ ▼
  • パナソニック レギュラーディーガ
  • お部屋ジャンプリンク搭載モデル。家庭内のLANに接続すれば、リビングのディーガで録画した番組を、寝室やお風呂、キッチンなど、見たい部屋のテレビに飛ばして快適に楽しめます。

おうち時間おすすめのレコーダー

音楽を綺麗な音で楽しみたい

XR Soundオーディオメーカーとして培ったソニーならではの技術が、テレビの常識を超える圧倒的なサウンドを創出します。映画、音楽などさまざまな映像を、4K高画質にふさわしい高音質で楽しむことができます。

  • ▼ おすすめ ▼
  • SONY A90Jシリーズ
  • 認知特性プロセッサー「XR」は音の信号処理も可能になり、あらゆる音源を3次元の立体音響に変換。ソニー独自のアコースティック技術と合わさることで、まるで映像から音が出ているかのような臨場感のあるサウンドで楽しめます。

高音質おすすめのテレビ

クリアサウンドコンディショナー
高域のS/Nを大幅に改善。中域から高域にかけて伸びのあるクリアなサウンドを実現

  • ▼ おすすめ ▼
  • SHARP 4B-DT3シリーズ
  • 新開発Medalist BDエンジンに搭載の高画質圧縮技術「HEVC」により、4K放送を4K解像度のまま長時間録画する「4K HEVC長時間録画」を実現。4B-C40DT3(4TB)なら、4K 12倍モードで最大約3,066時間もハードディスクに録画できます。

高音質おすすめのレコーダー

ゲームの世界を楽しみたい

瞬速ゲームモードゲーミングに必要な高画質処理を行いつつ画像処理を短縮し、格闘ゲームなどのボタンを押すタイミングが重要なゲームを快適にプレイできます。

  • ▼ おすすめ ▼
  • 東芝 X9400S SERIES
  • ゲームモードにすると自動的にインパルスモーションモードがオンになり、よりスムーズな映像でお楽しみいただけます。

ゲームにおすすめのテレビ

連続アニメやドラマを楽しみたい

新4K衛星放送のチャンネル録画に対応「新4K衛星放送」のお気に入りのチャンネルを追加チャンネルに設定することで、最大1チャンネルを予約なしで自動で録画できます。新4K衛星放送をチャンネル録画しながら、ハイビジョン放送のチャンネル録画もできるので見たい番組を録り逃しません。

  • ▼ おすすめ ▼
  • Panasonic DMR-4X1002
  • これからは「話題の特番を見逃した!」や「新ドラマの予約を忘れた!」などの後悔もありません。録画予約しなくても、ディーガがあなたに代わって自動で録画します。しかもチャンネル録画される期間がすぎたら古いものから自動で消去(上書き)してくれるからハードディスク残量の心配をすることもありません。

趣味を満喫おすすめのレコーダー

テレビランキング